禁煙できないなら電子タバコにしてから節煙に

妊娠中の女性というのは煙草やお酒の匂いには特に敏感になるものですから、副流煙にも特に口うるさく注意されることになるでしょう。円満に過ごすためにも禁煙する必要があるかもですね。

喫煙習慣によるストレスでイライラしてしまう

十何年間喫煙してきた習慣があるというのならば、いきなり止めようとしてもうまくいかないのは当たり前です、酷い時にはイライラしやすくなってしまって無用なトラブルを引き起こしてしまいます。

そのような状態になるのならば、吸い続けていた方がマシだ・・・!ということを思うかもしれませんが、生まれてくる子どものことを思うのならば、止めた方がいいのは間違いありません。

なかなか自分の意志でコントロールができない時にこそ電子タバコを有効活用していくべきでしょう。国内で販売されているものならば、ニコチンも入っていないので安心することができます。

人によっては子供だましのおもちゃだ。という風に思ってしまっているかもしれませんが、実際に使ってみるとかなり紙巻き煙草を表現することができているので驚くことになります。

煙を吸い込んで吐き出すと水蒸気が出てくるようになっているので、カートリッジを選択することによってフレーバーも色々とあるので、飽きることなく続けていくことができるでしょう。

普通の煙草と併用に喫煙するのはいかがなものか

とはいっても最初から全てを電子タバコにしていっても満足できない気分になってしまうかもしれないので、まずは節煙ということを意識して始めてみるといいかもしれませんね。

どうしても紙巻きが吸いたい時というのは人によって異なってきますよね。食後だったりお風呂上がりだったりと様々かもしれませんが、そこでは普通の煙草を吸うことにしましょう。

他のタイミングでなんとなく手持ちぶさただな..という時にこそ電子タバコを利用していくことによって、狙った通りに節煙をしていくことができるようになるはずです。

別のフラストレーション法を考えてみる

電子タバコとはいっても無料ということではないので、それなりに維持費は掛かっていくことになってしまいます。あまりにも使いすぎているとかなりのお金が必要になるかもしれません。

まずニコチン依存を断ち切る為には代替行為をしていくことによって満足感を演出していくしかないかもしれませんが、時には他の方法でフラストレーションを解消するのもいいですね。